25番.西福寺

山号: 日照山

宗派: 高野山真言宗

開基: 不詳

本尊: 阿弥陀如来

御真言: おん あみりた ていせい からうん

御詠歌:

ありがたや一度は参れ西福寺 年に三度の栗もなるらん

応化身:

omies25蛤蜊観音

年中行事

・1月1日 修正会
・1月18日 初観音
・旧4月8日 観仏会
・6月15日 弘法大師誕生会
・6月初句~中句 花菖蒲まつり
・12月31日 除夜の鐘

周辺の観光

・すすきケ原千本桜
・熊谷桜
・新居浜市民の森
・マイントピア別子

住所

〒799-0721
愛媛県四国中央市土居町上野954-2
Tel (0896)74-6104 /Fax.-

寺院の紹介

当山は、弘法大師が四国霊場御開創の砌、御留錫の旧跡である。弘法大師の賜と伝わる御手植の栗の樹があり、4国3度栗の本元である。「空海上人、上野を行脚の途中、童の栗を持つているのを見て空海『ひとつくれぬか』という。童はニコ二コとして、1ツを分かつ。空海『無邪気なり、愛らしき童かな。栗は一度結実するよりは、2度、3度よりは3度がよからずや』と問う。児童大いによろこびて、3度の結実を欲すと答う。空海莞爾として『然らば今より1年に3度の栗の実を与えん』と云いて去れり。これより3度の栗を生ずるに至れり」これが3度栗の由縁であり、人々は栗箸で縁起を祝った。当山を中心に8丁4方にのみ、年に三度の実を結ぶ栗の木が今に現存する。御本尊、阿弥陀如来は、御霊験暮明にして、福智円満、如意安楽の御利益を受ける者数多く賽者の香煙、常に満山の雲を結ぶ。6月になると境内に花菖蒲が咲き乱れ、参拝者の目を楽しませてくれる。


大きな地図で見る

Share on Facebook
LINEで送る