14番.大善寺

山号: 高野山

宗派: 高野山真言宗

開基: 弘法大師

本尊: 弘法大師

御真言: 南無大師遍照金剛

御詠歌:

観音の大悲の力はかりなく もらさで救うありがたきかな

応化身:

omies14青頸観音

年中行事

・1月1日 修正会
・1月6日~2月3日 寒修行
・2月3日 節分会
・3月 春季彼岸法会
・4月8日 釈尊降誕会
・旧3月21日 宗祖正御影供
・6月15日 弘法大師誕生会
・7月 きゅうり封じ
・7・8・9月 新旧孟蘭盆会
・9月 秋期彼岸会
・11月22日 檀信徒先祖土砂加持法会
・12月21日 終大師法要

周辺の観光

・横波スカイライン
・樽の滝
・黒潮ライン
・桑田山温泉

住所

〒785-0009
高知県須崎市西町1-2-1
Tel (0889)42-0800 /Fax.-

寺院の紹介

当大善寺は八幡山明星院大善寺と号し、和州長谷寺小池坊の末寺であつたが、宗祖弘法大師御年42才の時、四国88ケ所御開創を発願され、御巡錫の途路、地元の郷民が度々、陸と海の難に遭い苦渋して居ることを御耳にとめられ、御目にとめられた磯の二つの巨岩の上にて海陸殉難横死者の祈願をなされる。爾来そうした難は無くなる。かつて当地は土佐の親知らずとまで言われた難処であつた由伝書にもあり。当寺は往昔は法印職の住する別当寺で、末寺17ケ寺を擁す。当代で住寺するもの27代目である。一名、二ツ石大師と称し昔は寺の登り口近くまで浪荒く打ち寄せて居た処であつたが長年打ち寄せる波の力で磯になり丘になり遂に昭和の初め、防潮堤が出来、2つの巨岩も地中深く埋没されたと史実に残されている。


大きな地図で見る

Share on Facebook
LINEで送る