9番.正覚寺

山号: 高祷山

宗派: 高野山真言宗

開基: 行基菩薩

本尊: 弘法大師

御真言: 南無大師遍照金剛

御詠歌:

ありがたや阿字の一字を唱ふれば 今日も聞こえるまんだらの声

応化身:

omies09施薬観音

年中行事

・1月1日 修正会
・2月3日 節分星供養と厄除け
・旧3月21日 弘法大師正御影供
・旧7月12日 せがき地蔵流し
・11月21日 先祖供養法会
・12月31日 除夜の鐘

周辺の観光

・室戸岬
・伊尾木洞シダ群落

住所

〒781-6402
高知県安芸郡奈半利町立町乙1718
Tel (08873)8-4462 /Fax.-

寺院の紹介

正覚寺は神亀年間、僧行基が開山したと伝えられ、本尊は行基作の聖観世音菩薩。他に行基作の不動明王、毘沙門天の秘仏があった。天正11年 (1582)火災にかかり、一切焼失。その後は弘法大師の尊像を本尊として祭る。慶長時代、陸路通行の際や、幕府の巡検上使が来る毎にその宿泊所となる。藩政時代には中老の格式を許されていたが、明治4年(1871)、廃仏毀釈の法難により廃寺となる。昭和4年(1929)、中興第三十代住職義仙僧正入寺、寺の再興を志す。昭和7年、庫裡を建立。同11年、本堂を新築。新寺創立を出願して昭和18年 (1943)、認可される。境内に平成の鈴・大師厄除堂あり、高さ6.4m、日本一の黄金の鈴お大師さまをお祭りして毎日厄除祈願を修行。


大きな地図で見る

Share on Facebook
LINEで送る